日向美弥のいろいろ記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院にて

<<   作成日時 : 2008/03/20 21:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0


む〜む〜@紅葉国:
こんばんは、20時からの小笠原ゲームをお願いしに参りました。今お時間はよろしいでしょうか?

芝村:
記事どうぞ

む〜む〜@紅葉国:
はい、確定記事はこちらになります
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1768&reno=1743&oya=1743&mode=msgview

芝村:
2分まってね

む〜む〜@紅葉国:
はい

芝村:
/*/

芝村:
ここは病院の前だ

む〜む〜@紅葉国:
はい

む〜む〜@紅葉国:
どちらの病院になりますか?

芝村:
宰相府のこじんまりした病院だ。

む〜む〜@紅葉国:
近くに日向さんの姿はありますか?
すでにイヤな予感ぴしぴしきてるので、なるだけ遠まわし状態…

芝村:
いないねえ。

芝村:
衛兵が立ってる。

芝村:
貴方をじろじろ見ているよ

む〜む〜@紅葉国:
衛兵は、病院の前にでしょうか?

芝村:
ええ

む〜む〜@紅葉国:
んと、まずは普通に病院に入って受付にいきたいのですが

芝村:
はい。

受付:
「外来ですか?」


む〜む〜@紅葉国:
「すみません、こちらに日向玄乃丈って人がきたか確認したいのですが」


受付:
「ああ・・・」


受付:
「ご遺族の?」

……。

む〜む〜@紅葉国:
「…て、ええ?」


む〜む〜@紅葉国:
「どういう状況で運ばれて、今どんな状態なんでしょうか?」


芝村:
受付は誰か読んだ。

芝村:
偉い人が出てきた。

モシン:
「はじめまして」


む〜む〜@紅葉国:
「はじめまして」


む〜む〜@紅葉国:
「それで、日向さんに何があって、今どんな状態なんですか」


モシン:
「見たほうがいいでしょう」


む〜む〜@紅葉国:
「はい」


芝村:
遺体安置所の前だ

む〜む〜@紅葉国:
「この中ですか?」


モシン:
「ええ。一応保存しています」


む〜む〜@紅葉国:
「保存……」 中に入ります

すでにぐらんぐらんです。
てか、このへんからもう吐きそうになってました。


芝村:
白い花につつまれた日向が眠っている。

芝村:
腕は隠されていた。

む〜む〜@紅葉国:
隠されている腕の状態を見ます


芝村:
切断されているようだね。

む〜む〜@紅葉国:
「この、腕は何が原因で?」 モシンさんに尋ねます


モシン:
「恐らくは聖銃です」


モシン:
「替えの日向は数日で届きます」

替えってなんだ替えって(--#

む〜む〜@紅葉国:
「……いりません」


モシン:
「今度はうまくいくと・・・」


む〜む〜@紅葉国:
「何がうまくいくと?」


モシン:
「治療は無理ですよ」


む〜む〜@紅葉国:
参考までに、治療しようとした場合の難易度はいくつでしょうか?
このあたりで、裏であわてて黒崎さん呼んでもらってました。
まさか難易度アレとはorz


む〜む〜@紅葉国:
「……それでも」


芝村:
99

む〜む〜@紅葉国:
腕以外の様子も確認します。本人かどうかも含めて


芝村:
間違いない。本人だ。

む〜む〜@紅葉国:
「外にいた衛兵は、何のために?」 モシンさんに尋ねます


モシン:
「まだ可能性はあると、信じたがっています」


む〜む〜@紅葉国:
「何の可能性でしょうか」


芝村:
モシンは黙っている。

む〜む〜@紅葉国:
「聞いてきます」 外に出て、衛兵の人のところにいきます


芝村:
モシンはとめた。

む〜む〜@紅葉国:
「なんでしょうか?」


モシン:
「この遺体に意味はあると、エースも信じたがっています」


む〜む〜@紅葉国:
「……。状況をきいていませんでしたね。どういう状況で日向さんはこういうことに?」


モシン:
「1週間ほど前に、突然このような症状が出まして。最後は、貴方によろしくと言って、息絶えました」

ここだけで、いろいろヒントがあったことに気づいたのは試練後でしたorz

む〜む〜@紅葉国:
「できれば、症状のでた正確なタイミングを教えてください」


モシン:
「16日です。第1世界時間ですが」


む〜む〜@紅葉国:
「では、同タイミングで行われていた世界忍者国Aマホキャンペーンの影響でしょうか」


芝村:
モシンは肩をすくめた。

モシン:
「そうかもしれません」


む〜む〜@紅葉国:
「ちょうどあちらで、脚1本失った狼姿の日向さんが、聖銃をむけられているところでした」


む〜む〜@紅葉国:
「この場合、こちらの日向さんが影響をうける可能性は?」


モシン:
「もしそうなら、近隣全部がそうでしょうね。終わりだ。聖銃に撃たれたらどうしようもない」


む〜む〜@紅葉国:
「では、逆に。あちらでの日向さんがこれから助かった場合はどうなるでしょうか。
 聖銃を向けられてはいても、まだ撃たれて消滅したわけではありません」


モシン:
「わかりません。そもそも時はとまるってことをしないんですよ」


む〜む〜@紅葉国:
「それに、このアイドレスでは死亡時は光になって消えます。この体はまだ光になってはいない」


モシン:
「そう、光になってないから、希望にすがっています」


む〜む〜@紅葉国:
「じゃあ、すがるしかないわけじゃありません。希望はまだあるということです」


モシン:
「……」


モシン:
「本当は、貴方は別の日向と会う予定でした。今日こうなったのは、たまたまです」

状況説明してくれてたんだってのは、かなり頭冷えた後でした。
ゲーム中は、この言葉でほんとに頭固まって、以下反射だけで書いてます。


む〜む〜@紅葉国:
「……その、たまたまの運命に感謝を」


む〜む〜@紅葉国:
「私は待ちます。この希望に」 遺体の日向さんにキスします


芝村:
モシンは黙っている

む〜む〜@紅葉国:
「日向さんのそばにいていいですか?」 モシンさんに言います


モシン:
「ええ」


む〜む〜@紅葉国:
「それでは、ここで待つことにします」


む〜む〜@紅葉国:
日向さんの頬に触れて話しかけます
「大事なものが殺されるのは、1度で十分だって言いましたね。それなら、日向さんだって2度はないはずでしょう?」


モシン:
「……」


芝村:
モシンは会釈すると去っていった。

む〜む〜@紅葉国:
モシンさんが去っていったのを確認してから、涙を流します

む〜む〜@紅葉国:
「絶対に信じないから。目覚めるのを待つから……」


芝村:
声はむなしく響きました。

芝村:
/*/

芝村:
はい。おつかれさまでした。

む〜む〜@紅葉国:
おつかれさまでした、ありがとうございます

芝村:
残念でした。

む〜む〜@紅葉国:
30日以降に予約すりゃよかったとorz

芝村:
ははは。いや。いいチャンスだよ

む〜む〜@紅葉国:
チャンスといいますと?

む〜む〜@紅葉国:
なんかもう、予約タイミング自体がファンブルな気分なのですが(@@

芝村:
そんなことはないさ。

芝村:
最後のチャンスといってもいい。待つのはどうかと思うが。

む〜む〜@紅葉国:
ぐぐ、マイルの壁かorz

芝村:
ははは。

芝村:
まあ、毎週判定に来てもいいよ

む〜む〜@紅葉国:
吏族チェックで稼いできますっ!

む〜む〜@紅葉国:
あれと春の園でマイルは貯まるので

芝村:
ははは。

芝村:
では解散しましょう。お疲れ様でしたー

む〜む〜@紅葉国:
お疲れさまでした



まあ、心配されなくても待つ気はないんですが。
ほんとに思考停止した…あれくらいの言葉しか出なかっただけですorz
ただ、あの場所から離れたくなかったので出た言葉でした。
なぜ離れたくないのかも理解してなかったが
その数日前の藩王さまのゲームを見てたからか…(滝汗)
わかんないなりに、この日の内容は何か納得いかなくって。
同日深夜には、まわらない頭をそれでもフル回転させて
何がおかしいのか、どうすればおかしくなくなるのか考えてました。
10日近くかかってなんとか仮説作成。
ゲーム直後から3日は、本気で眠れない食べれないでした…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

病院にて 日向美弥のいろいろ記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる