いちばんのプレゼント

日向美弥:
おはようございます、10時からの生活ゲームに参りました

芝村:
ごめんねー。記事どうぞー

日向美弥:
よかったですー、確定記事はこちらになります
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=4997&reno=4983&oya=4983&mode=msgview
あらためまして、誕生日枠ありがとうございます

芝村:
いえいえ。イベントは?

日向美弥:
その前に、質問よろしいでしょうか?

芝村:
ええ

日向美弥:
Q1:先日は加護を使わせていただいて助かりましたが
現在、玄ノ丈さんの具合はどういった感じでしょうか。

Q2:昨日のNWCにて
式神の城関係のACEは、クリスマスのお祝いやプレゼントが
よくない場合があるとのお話をうかがいましたが
玄ノ丈さんにクリスマスプレゼントを贈るのは、よくないでしょうか?
#実は、時計とケーキを準備してしまいましたorz

芝村:
A1:かんばしくない

芝村:
A2:まあ。大丈夫だよ

日向美弥:
はい、それでは
お見舞いがてら、玄ノ丈さんにプレゼントを渡せたらと思います

芝村:
はい。2分まってね

日向美弥:
はい

芝村:
/*/

芝村:
ここは宰相府だ。

日向美弥:
はい

芝村:
病室のベッドに、日向は寝かされている。

芝村:
不服そうだ。

日向美弥:
#あうう

日向美弥:
「こんにちは」 声をかけます


日向:
「ああ」


日向美弥:
「この間は、ほんとにありがとう」


日向:
「おしかったな。死ねるとおもったんだが」


日向美弥:
「ううん、生きていてくれた方がうれしいです」


芝村:
日向は苦笑している

日向美弥:
「まだ、以前話したお店だって紹介してないんですよ。
いろんなとこ見てほしいし、いっしょに行きたいです」


日向:
「・・・・」


日向美弥:
「まずは、私がしっかりしなくちゃ、ですけどね」


日向:
「まあ、あれは仕方なかった」


日向美弥:
「はい」


日向美弥:
「ええと、ですね。
今日はクリスマスってことでケーキ持ってきたんだけど
食べるのは大丈夫ですか?」


日向:
「・・・ケーキによる」


芝村:
#味覚的意味で

日向美弥:
ページはこちらになります
http://muu-muu.at.webry.info/200912/article_1.html
「ココアとか使って、甘すぎないようにしたんだけど」


日向:
「だったらまあ、たぶん大丈夫だ。
食えないわけじゃないぞ。10年間食べないでも平気なだけで」


日向美弥:
「はい、じゃあこれなら大丈夫だと思います」
ケーキを切り分けて、一切れ差し出します


芝村:
日向は片腕でもそもそ食べている

日向:
「まあ、まあだ」


日向美弥:
「よかったです」
あ、だめだ。すごいにこにこしちゃいます


日向美弥:
「以前話していた、4人でやっているお店で作ってきたんですよ」


日向:
「? どこの店だ?」


日向美弥:
「宰相府にある、ハニーキッチンってお店です。
手作りの料理の作り方教えたり、併設でカフェがあったり」


日向:
「ああ。そっちか。店がおおいな。最近は」


日向美弥:
「普段は私が教える側なんだけど、
今日はお客さんになって作ってきちゃいました」


芝村:
日向は苦笑した。

日向美弥:
「わーん、店長にも笑われてきたんですよ」
ちょっと笑いながらいいます


芝村:
日向は難しい顔をしている

日向美弥:
「なにか、ありましたか?」
表情を見ていいます


日向:
「コーヒーが欲しいな」


日向美弥:
「じゃあ、いれてきますね」
この部屋にコーヒーセットはありますか?


芝村:
#あるよ

日向美弥:
はい、ではそれを使ってコーヒーをいれます

日向:
「砂糖はなしで」


日向美弥:
「はい、ブラックで」
玄ノ丈さんにコーヒーを渡します


芝村:
日向の眉間のしわがとけた

芝村:
#やっぱ、甘いものはだめというか、薄めたがいいらしい

日向美弥:
#はい(苦笑)

日向美弥:
「クリスマスだからってケーキを考えちゃったけど
玄ノ丈さんはこっちのが似合いますね」
コーヒーを飲む姿を見ながらいいます


日向:
「・・・コーヒーだってあまり好きじゃない」


日向:
「まあ、いいが」


日向美弥:
「だと、好きなものはなんですか?」


日向:
「・・・」


日向:
「食い物で、か?」


日向美弥:
「ええ」


日向美弥:
「あ、でも。あらためて考えることって少ないかもですね」
#自分のこと考えたらけっこう混乱しましたorz



日向:
「・・・・まあ、今度から気をつけることにする」


日向美弥:
「ううん、食べてくれてうれしかったですよ」
微笑みかけます


日向:
「いや。自分の好き嫌いについて、考えるという意味だ」


日向美弥:
「あ、はい。
実は私も、作るの好きだけど、食べるので好きなものとか考えると、少し混乱しちゃいました」


日向:
「へえ」


日向:
「それはしらなかったな」


日向美弥:
「作って楽しいもの優先しちゃって、じゃあ食べるならって考えると」
苦笑します


日向:
「どんなものをつくるんだ?」


日向美弥:
「うーん、こういうときだと、パーティ用にクラウンローストとか。
鶏にリゾット詰めて焼いたり。
やりたい放題作って、食べるのどうしようって困ってます」


日向美弥:
「で、友達と近所に配りまくる」


日向:
「へー」


日向:
「外国みたいだな」


日向美弥:
「うん、クリスマスだとこういう料理のがらしいなって」


日向:
「まあ、カップやきそばよりはそうだな」


日向美弥:
「イベントのときは、作りがいがあるのが好きなんです」


日向美弥:
「そうだ、もうひとつプレゼントあるんです」
時計の方を取り出します


日向:
「こいつはよさそうだな。腕がまた生えたら、つけてみる」


日向美弥:
「気に入ってもらえたら、うれしいです」
微笑みます


芝村:
日向は微笑んだ。

日向美弥:
軽く、頬にキスします

芝村:
日向は苦笑している

日向美弥:
「クリスマスプレゼントと、誕生日プレゼント、もらいました」
ちょっと照れながら言います


日向:
「まあ、世間的には、そういう季節だな」


日向:
「すまん」


日向美弥:
「ううん、会えたことがいちばんのプレゼントです」


日向美弥:
「会えて、料理食べてもらって、プレゼント渡せて。
それが、すごくうれしいんです」


芝村:
日向は微笑んだ。

芝村:
日向は倒れた。

日向美弥:
て、どうしたんでしょうか?

日向:
「道理で傷が治らないとおもった」


日向美弥:
「え?」


日向美弥:
「どういう、ことですか?」


日向:
「いや、なんでもない」


芝村:
/*/

芝村:
はい。お疲れ様でした

日向美弥:
おつかれさまでした、ありがとうございます

日向美弥:
最後の言葉が気になるんですが
治療とか大丈夫なんでしょうか?orz

芝村:
まあ。風野から聞いてると思うが

芝村:
クリスマス関係は神々の力が弱くなる

日向美弥:
あ…だと今がいちばん調子悪いんですね

芝村:
うん

日向美弥:
だと、クリスマス過ぎれば治療には問題ないと思っていいでしょうか?

芝村:
ええ

日向美弥:
ありがとうございます

芝村:
秘宝館には1、1で以来出来ます。

芝村:
では解散しましょう。おつかれさまでしたー

日向美弥:
あ、すみません。今累計はいくつか確認していいですか?orz
#夏からこっち、いろいろあったので

芝村:
7.7

日向美弥:
ありがとうございます

日向美弥:
それでは、失礼いたします

芝村:
ではー


このゲームで初めて知りました。
神々の力が弱くなるってとこまでは聞いてたけど、ここまで体調悪くなるとはorz
メタルボディに襲われて、一度死にかけた(加護で回避)後の治療中だったので
単にそのせいだと思ってました。

なんかこー、最初はこれまであり得なかったレベルの不機嫌さなのですが
甘えてる? ねえこれ甘えてる?
と考えたら、まあこれもありかなと思いつつのゲームになりました。
途中からかなり普通に戻ってますし。
#以前のあれがあったのに、死ぬだの言うのは不機嫌か甘えてるかです><