Love ya

日向美弥:
こんばんは、22時からの生活ゲームに参りました

芝村:
記事どうぞ

日向美弥:
確定記事はこちらになります
http://cwtg.jp/ogasawara/nisetre.cgi?no=5684

芝村:
イベントは?

日向美弥:
玄ノ丈さんに、定期的に紅葉国の様子を見てまわる相談をして
時間が足りるようであれば、実際に2人でまわりたいと考えているのですが
よろしいでしょうか

芝村:
OK

芝村:
2分待て

日向美弥:
はい

芝村:
/*/

芝村:
ここは宰相府だ

日向美弥:
はい

芝村:
玄ノ丈がゆっくり体を動かしている

日向美弥:
Q:玄ノ丈さんは、怪我は完治していない状態でしょうか?

芝村:
A:リハビリしてる

日向美弥:
あ、はい。ありがとうございます

日向美弥:
「こんにちは」


玄ノ丈:
「おお」


日向美弥:
「調子はどうですか?」

声をかけながらそばにいきます

玄ノ丈:
「もう普通なんだが」


玄ノ丈:
「戦闘はまだだな」


日向美弥:
「戦闘は、動くだけじゃすまないですしね」


玄ノ丈:
「ああ」


芝村:
玄ノ丈は貴方を見ている

芝村:
見つめている

日向美弥:
微笑んで見つめます

玄ノ丈:
「ありがとう」


日向美弥:
「ううん、私こそ、ありがとう」

できるなら、そっと抱きしめます

芝村:
抱きしめた。

芝村:
キスされた

日向美弥:
キスを返します

芝村:
玄ノ丈は貴方を見ている

日向美弥:
玄ノ丈さんに軽くよりそって、見つめます

日向美弥:
「相談したいことがあってきたのに、忘れちゃいそうです」


玄ノ丈:
「どんな?」


日向美弥:
「うん、紅葉国のことで」


玄ノ丈:
「ああ」


日向美弥:
「ここしばらく、国内に武器持ち込まれたり、爆弾騒ぎがあったり、膜騒動もかな…
ひとつひとつは解決したけど、国内で動きがあったら早めに気づけるようにしたくって」


玄ノ丈:
「ロボット、か」


日向美弥:
「うん、それでわかる範囲はロボットでいいんだけど」


玄ノ丈:
「?ほかにも?」


日向美弥:
「人の様子とかを見るのは、ロボットだと辛いから。
自分で動いて国内を見てまわった方がいいかなって」


玄ノ丈:
「なるほど」


日向美弥:
「何もないときは、普通のお散歩になるけどね」

軽く笑います

玄ノ丈:
「まあ、リハビリをむこうでやってもいいな」


日向美弥:
「うん。リハビリ兼ねて、いっしょにまわってもらえませんか」


芝村:
玄ノ丈は微笑んだ。

玄ノ丈:
「わかった」


日向美弥:
「ありがとう」

もう一度、キスします

芝村:
玄ノ丈は微笑んだ。キスした。

芝村:
なんだかラブラブだ

日向美弥:
自分でもそう思います…

日向美弥:
玄ノ丈さんに、すりすりしてます

芝村:
玄ノ丈はくすぐったそう。肩を抱かれてキスされた。

日向美弥:
微笑んで、少し長めのキスをします

芝村:
玄ノ丈は貴方を抱きしめた

日向美弥:
「愛してます」
ぎゅーっと抱きしめます

玄ノ丈:
「・・・」


芝村:
きつく抱きしめられた

日向美弥:
玄ノ丈さんに微笑みかけます

玄ノ丈:
「まあ、なんだ。ここではな」


日向美弥:
「えーと、はい」
軽くキスをします

芝村:
玄ノ丈はくすくすわらってる

日向美弥:
「にゃー、だって」
またすりすりと甘えます

玄ノ丈:
「よしよし」


日向美弥:
「ごろごろ」
微笑んで、頬にキスをします

芝村:
玄ノ丈は貴方を抱っこした

日向美弥:
玄ノ丈さんにもたれかかって甘えます

芝村:
頬を触られている

日向美弥:
くすぐったそうに笑います

芝村:
肩を触られている。

日向美弥:
玄ノ丈さんを見つめて、微笑みます

玄ノ丈:
「あー。まあ、どこかいくか」


日向美弥:
「はい」
おでこをこつんと玄ノ丈さんにあてて、答えます

芝村:
玄ノ丈は笑った。

芝村:
玄ノ丈は貴方を連れて歩きながら、国はなんとかなったみたいだなと言った

日向美弥:
「ええ、みんなのおかげで」


玄ノ丈:
「俺も役に立ちたいところだ」


日向美弥:
「私も、紅葉国内ではあまり動いてないですし」


日向美弥:
「だから、これからがんばりましょ」
微笑みかけます

玄ノ丈:
「ああ」


芝村:
玄ノ丈は微笑んだ。

日向美弥:
玄ノ丈さんの腕に、自分の腕をからめます

玄ノ丈:
「愛してる」


日向美弥:
「私も、愛してます」


芝村:
/*/

芝村:
はい。おつかれさまでした

日向美弥:
おつかれさまでした、ありがとうございます

芝村:
NWCでダイスふってきましょうか

日向美弥:
えーと、何面でしょうか?

芝村:
1d100

日向美弥:
はい

日向美弥:
MASTER◆日向美弥 > 1D100 → 40 = 40 (7/5-22:47:21)
です

芝村:
はい。お疲れでした。

芝村:
評価は+1+1でした。

日向美弥:
はい

芝村:
秘宝館には1,1で依頼できます

芝村:
では解散しましょう。おつかれさまでした(笑)

日向美弥:
はい、ありがとうございます
あと、玄ノ丈さんを地中海風の家(日向邸)に配置してよろしいでしょうか?

芝村:
OK

日向美弥:
はい

日向美弥:
それでは、失礼します
ありがとうございました

芝村:
ではー

日向美弥:
は、すみません
まさかこのダイスにギャンブラー特殊使えたりしますか?<今裏で教えてもらいました

芝村:
つかえるぜ

日向美弥:
使いますっ

芝村:
どぞー

日向美弥:
はい、ではいってきます

日向美弥:
MASTER◆日向美弥 > 1D100 → 72 = 72 (7/5-22:51:47)
もっと大きくなりましたorz

芝村:
残念!

日向美弥:
ギャンブラー特殊については、質疑掲示板で申請してきます

芝村:
ああい。

芝村:
ではー

日向美弥:
それでは


このゲームの前に、久しぶりにゆっくり会うんだからデートしてきたら?
とアドバイス受けてたのですが
まだ、カマキリさんたちの件は全て終わってないんですよね。
(すでに別問題と言われても、関わった以上は><)
カマキリさんの件片付けてデートしよう、と言った以上は
片付くまでは、その気になれなかったのです。
その場の雰囲気でそれっぽくなるならともかく、デートと言って会うのはちょっと。

それで、こういうイベント指定したはずだったのですが。
気が付けば…あれ、あれあれ……?
大法院関係で離れるまで、r:実行を続けまくってた効果じゃないかと言われました=□○_
やっと家に玄ノ丈さんを配置もできましたし、幸せです。