日向美弥のいろいろ記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛の旅

<<   作成日時 : 2011/09/19 10:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日向美弥:
おはようございます
少々早いですが、9時からの生活ゲームに参りました

確定記事はこちらになります
http://cwtg.jp/ogasawara/nisetre.cgi?no=6470

芝村:
イベント選択をどうぞ

日向美弥:
はい、イベントですが、玄ノ丈さんがよければ
愛の旅を使用したいのですが、よろしいでしょうか

芝村:
どうなんだろ。今B世界がちょろちょろしてるから、どうなるかわからん

日向美弥:
うーん、そこがありますよねorz

芝村:
どうする?

日向美弥:
かといって次の使用機会もほぼない気がするので
お願いできますでしょうか

芝村:
ああい。2分待て

日向美弥:
はい

芝村:
/*/

芝村:
ここは貴方の家だ。

日向美弥:
はい

芝村:
玄ノ丈は面白くなさそうに手紙を読んでいる

日向美弥:
「どうしましたか?」

手紙をのぞきこまない程度に、そばに寄ってききます

玄ノ丈:
「ふみこという知り合いからな・・・」


玄ノ丈:
「襲われたらしい。まあ、なんというか家にいた時に」


日向美弥:
「家で、ですか。
うちも警戒した方がいい?」

少し周囲を見渡しながらいいます

玄ノ丈:
「むしろ、どこかにいくか」


玄ノ丈:
「家を襲うならミサイルでもなんでもありだ」


日向美弥:
「確かに、家よりそれがよさそうですね」

出かける準備をします

芝村:
手早く急いだ

日向美弥:
「出かけてしまえば、家は大丈夫になると思うけど…
 パルフェも気をつけてね」
 パルフェに声をかけておきます

日向美弥:
そして玄関へ、急ぎます

玄ノ丈:
「いこう」


日向美弥:
「はい」


芝村:
玄ノ丈は家をでて、いくつか駅をのりついで、偽名でレンタカー借りて移動した。

芝村:
さらに出国した。

玄ノ丈:
「どこにいく?」


日向美弥:
「この状況だと、安全そうなところ…だとどこでしょう?」


日向美弥:
「正直、玄ノ丈さんといっしょにいられればどこでもいいって思っちゃいますし」


玄ノ丈:
「安全なところは要するに、普段行かないところだろう」


玄ノ丈:
「相手の裏を書くのがいい」


日向美弥:
「だとすると、宰相府以外の帝國かな。
 あまり行くこともないですし」


日向美弥:
「共和国だと、知り合いの少ない範囲…うわ、難しい」


玄ノ丈:
「よしそうするか」


芝村:
/*/

芝村:
ここは神聖巫連盟だ。

日向美弥:
はい、うわ確かになかなか行きそうにないです

芝村:
なんだか、平安時代みたいな国だな。

日向美弥:
「うちの国から来ると、ものすごく不思議な気分になりますね」


玄ノ丈:
「ここは安全だな」


玄ノ丈:
「なにせ、お仲間が強いところだ」


日向美弥:
「お仲間というと?」


芝村:
玄ノ丈はウインクした。
教えてくれないらしい

日向美弥:
にゃー、ウインクに顔赤くなります

芝村:
歩いて市街地に入った。
木造の家が建ち並んでいる。

日向美弥:
「わー、ほんとに和風で雰囲気のあるところですね」

一昨日が都市船案内だっただけに、しみじみしちゃいます

芝村:
というか、どれも平屋だ。

日向美弥:
あ、平安ぽいと、なおさらそうですね>平屋

芝村:
水をうってるところも見える。
瓦屋根もないので、中々面白いね。

芝村:
道を小さな神々が歩いているのが見える。
誰も気にしていないようだ。

日向美弥:
私はこういうの初めてなので、軽く挨拶します
「はじめまして、こんにちは」


芝村:
神々は挨拶をしかえした。

小さいカエル:
「これはこれは奥方」

小さい魚:
「ここに来たのは僥倖でした」

日向美弥:
「こちらこそ、この国は初めてですが、滞在中よろしくお願いします」


芝村:
神々は微笑んだ。

玄ノ丈:
「ま、こういう土地柄だ。不便は多いが安全だ。なにせ、電話がないから連絡網もないはずだ。敵もな」


日向美弥:
「あ、なるほど。
こちらが不便な分、敵も便利には動けないんですね」


日向美弥:
「じゃあ、めずらしくどの方面もお仕事抱えずに来れたんだし、ゆっくりすることにします」

玄ノ丈さんに微笑みかけます

芝村:
玄ノ丈は照れた。

玄ノ丈:
「まあ、ということで、宿でもとるか」


日向美弥:
「はい」


芝村:
宿を取った。共和国の人は珍しいらしく、皆興味しんしんだ

日向美弥:
わはー、秘書官でならともかく、こういうところはそうかw

日向美弥:
ええと、じゃあ普通に世間話な感じで、みなさんとしばらく話します

国民:
「数ヶ月前に団体がきて、その人が共和国だったよ」

国民B:
「共和国には鉄の国があるって本当?」

日向美弥:
きゃー、話せる範囲で答えていきますね
軽く興味を満たせたら、部屋に行くということで

芝村:
部屋に行った。

芝村:
ここは温泉宿だ。
玄ノ丈はのんびりしているよ。

日向美弥:
玄ノ丈さんにくっつきます
「なんか、こういう雰囲気もいいですね」


玄ノ丈:
「まったくだ」


芝村:
玄ノ丈は笑っている。

玄ノ丈:
「クーラーもないしな」


日向美弥:
「あは、確かに」

ちょっと笑いながら答えます

芝村:
玄ノ丈は貴方をなでた

日向美弥:
「自然の風と打ち水で涼をとるのもいいものです」

ごろごろと甘えます

芝村:
なでなでされている。

日向美弥:
「ゆっくり旅行って、今はあまり機会もないけど。
 いろいろ落ち着いたら、またいっしょにいろんなところに行ってみたいな」


玄ノ丈:
「そうだな」


芝村:
玄ノ丈は貴方を撫でながら見ている

日向美弥:
「約束ですよ」

そう言ってキスします

玄ノ丈:
「分かった」


芝村:
/*/

芝村:
はい。お疲れ様でした。

日向美弥:
お疲れさまでした

芝村:
愛の旅消費で、NWCで1d6してきて

日向美弥:
あ、はい

日向美弥:
MASTER◆日向美弥 > 1D6 → 4 = 4 (9/19-09:49:51)
こちらになります

芝村:
はい。お疲れ様でした。

芝村:
では解散しましょう。おつかれさまでした。

日向美弥:
ええと、こちらに滞在するr:うってよろしいでしょうか?

芝村:
ええ

日向美弥:
r:時間限界まで、周囲に気をつけつつNWに滞在します

日向美弥:
こちらでお願いします

日向美弥:
あと、もう一点ですが
今玄ノ丈さんをプロモすると、PLACEでそうでしょうか?
#そろそろほしいってのもorz

芝村:
わかんね。一応確率はあるけど。一番高くても50%なんよ

芝村:
運次第

日向美弥:
あ、はい。では質疑掲示板にだしてみます

日向美弥:
それでは、お疲れさまでした。ありがとうございます

芝村:
ではー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

愛の旅 日向美弥のいろいろ記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる